1. トップページ
  2. >
  3. 耐震天井とは

耐震天井とは

耐震天井とは、クリップなどの部材の強度を高め、ブレース(斜め補強財)により揺れを押さえ、クリアランス(隙間)を設けることで壁との衝突を防ぐ、地震に強く、壊れにくい天井です。

天井の構造

建物の多くが「つり天井」構造です。

天井裏には空調・照明・換気などの設備があります。また、断熱・遮音・吸音材なども組み込まれています。これらを収容し、その性能を維持・保持するために「つり天井」構造が採用されているのです。

「つり天井」は、天井裏のコンクリート部に金属製のボルトを装着し、ハンガー・野縁受け・クリップ・野縁などを組み合わせて格子状の骨組みを作り、表面を石膏ボードなどで仕上げた構造となっています。

ショッピングモールや工場などの大規模空間を持つ施設をはじめ、多くの建物が「つり天井」構造となっています。

地震時に天井はどうなるか

「つり天井」はブランコのように動きます。

天井の重さは一般的に1平方メートルあたり7~60kgほどで、500㎡の広い天井では全体で3.5~30トン位の重量にもなります。

地震時にはそれがブランコのように揺れ動きます。各部材に不規則な力がかかって変形したり、端部が建物本体や壁などに衝突します。

壁と衝突して端部から壊れます。

壁に衝突した衝撃で天井の端部から壊れ、落下してしまいます。
また、揺れや衝撃で各部材が変形し、結合部分が外れてしまうこともあります。

天井落下対策のポイント
以下の3点全てを行うことが重要です。
  • クリップなどパーツを補強する
  • ブレース(筋交い)を取り付ける
  • クリアランス(隙間)を設ける
JACCA耐震天井は3つのポイントをクリアしています。安心・安全の天井には「JACCA認定耐震天井工法」を
3つのポイント
クリップ ブレース クリアランス 性能

設計時に想定した震度の揺れでは破損・落下しない。(耐震天井)

×

落下の危険性は少ないが、壁際が破損する恐れがある。

×

天井の揺れは防げず、壁に衝突して破損・落下する恐れがある。

× ×

多少の落下防止効果があるが、壁際が破損し落下する恐れがある。

×

ブレース付近の金具に力が集中し、破損する恐れがある。

× ×

部材に力が集中して、通常より破損・落下しやすくなる。

× ×

壁への衝突は防げず、破損・落下する恐れがある。

× × ×

従来の天井であり、破損・落下する恐れがある。