1. トップページ
  2. >
  3. 組合のご案内

組合のご案内

日本耐震天井施工協同組合(JACCA)は、耐震天井の導入・普及を推進しています。

国土交通省の認可団体である当組合は、全国組織で耐震天井の導入・普及活動を展開しています。
天井耐震診断と耐震保証により、安心・安全な空間を提供致します。
JACCA=Japan Aseismic Ceiling Constructors Association

ご挨拶

日本耐震天井施工協同組合は国土交通省の認可団体として1999年に創設。以来、組合員である内装工事業の皆様とさまざまな事業を行ってまいりました。
天井の耐震化の必要性を訴え、耐震天井の導入・普及を推進し、安心・安全な空間を提供することが当組合の理念であり目的です。
今後ともご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

理事長 髙橋竹志


建物の所有者、管理者の方へ 当組合ならこんな不安を安心に!

地震時に天井が落ちないか心配?

使用されている部材の品質や強度は大丈夫か?

施工方法が最新の基準に適合しているのか?

国の指針どおりに施工されているのか?

天井を含めた建物全般の耐震化は
建物の所有者、管理者の方の責任です。

建物の所有者、管理者の方へ
建物の天井が不安な方へ 天井の耐震診断は日本耐震天井施工協同組合が認定する天井耐震診断士にご依頼下さい。
新築予定がある方へ 日本耐震天井施工協同組合認定工法(保証付)とご指定ください。
施工は日本耐震天井施工協同組合員にご発注下さい。
理念とコンプライアンス
理念

私たちは、地震災害から国民の生命と財産を守るため、「安心・安全な空間づくり」に取り組み、地震に強い社会の実現を目指します。

コンプライアンス

私たちは、日本耐震天井施工協同組合の組合員として、
1、耐震天井の施工技術者としての知識・技術・経験を高めることに努めること
2、安心安全な耐震天井の普及を通じて、社会活動に貢献すること
3、耐震天井の安全性に関する情報を広く社会に通知し、安全な耐震環境のご提供に努めること
をお約束いたします。

JACCA組合員数
  • 北海道・東北89
  • (北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)
  • 北関東・信越102
  • (茨城県、栃木県、群馬県、長野県、新潟県)
  • 南関東183
  • (東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、山梨県)
  • 中部・北陸121
  • (岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、富山県、石川県、福井県)
  • 近畿101
  • (滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)
  • 中国・四国79
  • (鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県)
  • 九州・沖縄114
  • (福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)

合計:789

※2016年8月31日現在

組織表
技術顧問のご紹介

■技術顧問
小林 俊夫

■経歴
1968年3月 東京大学 工学部 計数工学科
数理工学コース 卒業
1968年4月 鹿島建設 武藤研究室 勤務
1982年1月 工学博士(東京大学)取得
1986年4月 鹿島建設 技術研究所 勤務
2005年5月 鹿島建設を定年退職
2005年6月 桐井製作所技術顧問
2009年1月 日本耐震天井施工協同組合
技術顧問就任

■担当専門技術
特殊構造物〔超高層ビル、原子力発電所、長大橋、超高煙突等〕の耐震設計、振動解析、実構造物振動実験、振動台実験、応力解析、数値解析の研究、耐震天井の開発等

■所属学会及び活動
日本建築学会、日本応用数理学会、情報処理学会
確率統計処理委員会委員、日本応用数理学会論文誌編集委員、評議員、理事を歴任
東京大学工学部及び千葉大学理学部において集中講義を講演